介護セミナーに参加させたい職員とは - 介護に関するセミナー
  • 介護セミナーに参加させたい職員とは

    介護保険法が施行されてから15年以上が経過しました。

    定期的な法改正により新しいサービス形態の介護事業所が増え続けています。



    高齢者支援のニーズと共に、数多くの事業所の充実とその事業所を支えている介護職員の質の向上は必要不可欠になっているのです。

    介護セミナーに参加する事は、現場で毎日一生懸命働いている職員にとって非常に有益な意味をもたらします。セミナーはさまざまな団体が、数多くのテーマを掲げて開催しています。


    事業所の中で毎日高齢者と向き合って日常生活支援の技術を磨くことは当然大切ですが、セミナーに参加する事でより専門的な知識を得たり、刺激を受けることは職員のスキルアップのためにも重要なのです。

    T-SITEに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

    それでは、特にセミナーに参加させることで意義やその効果を期待できるのはどのような職員でしょうか。

    内容によってはもちろん新人研修用のものや管理者用のものまでが開催されており、その内容に沿った職員が参加します。特定の対象者を選ばない場合は、中堅層の職員の参加には効果を期待できます。



    中堅層の職員は、ある程度の期間の経験を積み重ねた結果、仕事内容や職場環境にも慣れてきています。


    その分効率よく無難に業務をこなすことは出来る様になりますが、自分のいる職場環境に慣れ過ぎてしまうリスクがあります。

    慣れてしまうことによって、高齢者ケアの改善や業務の問題点に気付けなくなることもあります。事業所はそれぞれの環境が完結している為に、気づかない間に閉鎖的な環境にも陥りやすいのです。
    中堅層の職員がセミナーに参加すれば、自分の経験や事業所のサービスの現実を踏まえた上で、様々な知識や研究発表を学ぶことができます。他施設の職員と直に触れ合うことで、多くの刺激を受けることも出来ます。
    その中で改めて事業所にフィードバックできることに気付けて、モチベーションを改めて上げることも出来るのです。