• 介護職員のスキルアップに役立つセミナー

    高齢化社会がますます深刻化している日本においては、支援が必要になった高齢者の日常生活をその最前線で支えている、高齢者サービス提供事業所で働く介護職員の役割は非常に大きなものになっています。排泄や入浴、食事介助や移動・移乗介助など様々な場面で日常生活動作を支援する職員は介護の質も当然求められます。



    知識や経験に裏付けられた高い技術力を身に付けることが、高齢者が安全に安心してサービスを受けられることに繋がっていくのです。技術力のスキルアップを目指すためには経験値を重ねて資格試験の取得を目指す方法もあります。

    特に国家資格である介護福祉士はスキルの高い専門職として認識されており、資格手当や給与の水準でも一定の評価を受けることができます。


    技術を磨くことは当然大切な事ではありますが、それ以外にもさまざまな部分でスキルアップする必要があります。
    介護セミナーに参加する事は、技術力をはじめ、高齢者支援における様々な考え方や業務への取り組み方、その他色々な面に関して自分自身のスキルアップに役立ちます。

    NAVERまとめに関する情報が満載のサイトです。

    セミナーはさまざまな団体が主催しており、大きな規模から小さなものまで数多く開催されています。

    セミナーにはそれぞれのテーマがあり、事業所が職員のスキルアップを目的に推奨して参加を促している場合も少なくありません。
    それぞれの事業所はその空間の中で生活支援や業務が完結していることが多く、無意識であっても閉鎖的な環境になってしまう場合も少なくありません。
    セミナーに参加する事で、多くの他の事業所の職員と直に触れ合ってお互いに刺激し合うことができます。

    また、セミナーで高齢者支援に関するより専門的な分野の知識や事例に基づく検証内容を知ることは、職員の視野を広くする効果があり、自分の仕事にフィードバックさせることができます。



    一人の職員が持ち帰ったことをその事業所の職員が共有する事で、全体的な質もアップするのです。